HOME > データブック:スカイライン > R32系

R32系

8代目スカイラインのR32型は1989年(平成元年)5月に発売されました。それから3か月後の8月には、16年ぶりの復活となった「GT-R」が登場し、大きな話題を呼びました。R32型GT-Rは、名機と謳われたRB26DETT型2600ccの直列6気筒DOHCツインターボエンジンを搭載し、当時の国産車最強の280馬力の最高出力を発揮。駆動方式には、FRベースながらも高度な電子制御で4輪に自在に駆動力を配分する電子制御御トルクスプリット4WDであるアテーサETSを採用。

サスペンションには4輪マルチリンクを採用し、セダン派生型のスポーツかアーとしては世界トップクラスの運動性能を実現しました。このGT-Rはレースでも大活躍し、1990年(平成2年)?1993年(平成5年)全日本ツーリングカー選手権では4シーズン29戦無敗という素晴らしい戦績を記録しています。また海外の自動車レースでも大きな評価を得ました。

16年の時を経て復活したGT-Rは6連スロットルRB26DETTツインターボエンジンにアテーサETSフルタイム4WD、慣性マス抑えるためにオーバーハングを切り詰めるなど、それこそ走るためだけに設計された感があります。過去のモデルは必ず越えなければならないという信念のもと開発されるのがGT-Rの宿命であり、それができなければGT-Rは名乗れない。そんな開発陣がGT-Rの名を与えたということは、当時考え得る最高のエキップメントとパフォーマンスを実現したからでした。 あらかじめレースフィールドで戦うべく設計されたRB26エンジンは、市販状態では280馬力にデチューンされ、その潜在能力は600馬力を軽々と上回るものでした。普通ならとてもコントロールできるはずのないパワーを、常にコントロール下に納めるアテーサなくして実現しなかったはずです。一見、無駄とも思える6連スロットルなど過剰とも言えるコンポーネントを満載し、ハイテク・モンスターと謳われました。そんな過剰なコンポーネントゆえ、32GT-Rは今なお現役として元気に走り回っているのです。チューンの度合いやセッティングの自由度も高く、自分好みのセッティングを導きやすいのも旧来のZ・スカイラインとは異質のものです。暴れ馬を乗りこなすのではなく、自分の進化に合わせてくれる懐の深さも根強い人気の秘密でもあるのです。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ下さい。他店で購入されたお車の修理・整備などお気軽にご相談下さい。