HOME > データブック:スカイライン > R31系

R31系

1985年(昭和60年)8月にデビューしたスカイラインR31型は、通算7代目になります。このモデルは、1972年(昭和47年)登場の4代目、C110型を最後に途絶えていた、6気筒DOHCエンジンが復活した記念すべきスカイラインです。発売当初は、4ドアハードトップ(スカイラインでは初登場)と4ドアセダンのみの設定でしたが、1986年(昭和61年)5月には待望の2ドアスポーツクーペ、GTSシリーズが追加されました。

このGTSシリーズには速度が上昇すると現れるオートスポイラーが装備されており、TVCMでもその機能がクローズアップされていました。そして、1987年(昭和62年)のマイナーチェンジを機に、当時のグループAレースのホモロゲーションモデルとして、クーペGTS-Rが800台限定で発売されました。2000ccの直列6気筒DOHCターボエンジンは、ターボタービンを変更するなどのチューニングが施され、210馬力の最高出力を発揮しました。

昭和60年当時の日本には「ハイソカー」ブームがありました。マークUを筆頭にラグジュアリーな上級セダンが人気を博し、ローレルとプラットフォームを共有するスカイラインにもその影響が及びます。結果として大きく重くなったボディを必要としたのです。ハイソカーの定義たる伸びやかなラインはそれはそれでスマートでスタイリッシュなものでしたが、それによる犠牲も生じました。長いオーバーハングはヨー特性を悪化することになり、苦肉の策としてHICASを搭載します。新世代エンジンであるRB型を投入するも、やはり重量アップをフォローするには役不足の感は否めませんでした。6気筒DOHC4バルブ+セラミックターボ、メカニカル的にはGT-Rを名乗る資格はあったのかも知れません。しかし、実際の性能は他の国産高性能車を凌ぐものではありませんでした。唯一の朗報は、後期に登場したGTS-R、そして当社にも在庫している「トミーカイラM30」でしょう。1.4トン級のボディには2.5リッターあたりが適正な排気量であると言えます。トミーカイラは3リッターによって満足できるスペックを導き出しているのです。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ下さい。他店で購入されたお車の修理・整備などお気軽にご相談下さい。