HOME > データブック:スカイライン > R30系

R30系

6代目スカイライン(R30型)は、1981年(昭和56年)にデビューし、1985年まで生産されました。アメリカの名優、ポール・ニューマンを起用したことから「ニューマン・スカイライン」と呼ばれました。また、後期型のRSは、「鉄仮面」という愛称で若者の憧れを集めました。RS系は1983年(昭和58年)2月、ターボエンジンのFJ20ET型を搭載した2000ターボRSがデビューを果たします。

さらに同年8月にはマイナーチェンジされ、フロントグリルが省かれ、テールランプがスモーク化されます。記念車のRS-Xは、8つの調整機能を持つパワーランバーサポートシート、パワーステアリング、パワーウインド、カセット付きラジオなど、車内装備を充実させた豪華仕様です。

「軽量化」を大幅に進めて「運動性能」の回帰を果たしたR30のハイライトはツインカム・ターボエンジンのFJ20DETエンジンでしょう。6気筒エンジンという呪縛を捨て去り、あえて軽量な4気筒エンジンを搭載、鼻先の軽いハンドリング重視のレイアウトでした。完全にスポーツエンジン然とした特性を持つFJ型はレスポンスもトップエンドのパワーも秀逸です。特に『鉄仮面』のターボICは当時としては最速の1台でした。チューンアップの手法としては、インタークーラーの拡大、ブーストアップ、インジェクター増量、ECU変更など。一時期、過給気の冷却のためのウオーター・インジェクションなどという手法もありました。 R30以降のスカイラインは、雰囲気を味わうというより、むしろ『本気』のストリート・レーサー的に見られるようになります。ただ、適度なチューンで走りを楽しむ素材としても、刺激に満ちたいい素材であることも事実です。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ下さい。他店で購入されたお車の修理・整備などお気軽にご相談下さい。